P・Aスリム美人研究室


肥満が引き起こす病気を知ろう!

肥満はいろいろな病気や不快な症状を引き起こします。
しかし肥満の解消により、これらの状態が改善されることがありますので、健康のためにも減量・減寸に取り組みましょう。

 

Atacched File  大量の脂肪は性ホルモンのバランスを崩します。
 月経不順、不妊症、子宮がん、乳がんなどの恐れも出てきます。

Atacched File  肥満によって増えた脂肪組織に血液を送るため、血液量が増え、血圧が高くなります。

Atacched File  太って脂肪細胞のサイズが大きくなると、インスリンの作用が悪くなり血糖値が上がります。

Atacched File  血液中のコレステロールや中性脂肪が通常よりも多い状態で、動脈硬化を招きます。

Atacched File  肥満が関係する病気は、動脈硬化の危険因子が多くなります。

Atacched File  重い体重が関節に負担をかけ、痛みや変形を引き起こします。

Atacched File  重い体重が腰に負担をかけ、痛みを引き起こします。

Atacched File  血液中の脂質が冠状動脈を硬化させて血管が狭くなったり、詰まったりします。

Atacched File  血液中の脂質が脳動脈を硬化させ、脳出血・脳梗塞を起こします。

Atacched File  食べ過ぎ・飲み過ぎで、中性脂肪が肝臓にたまりやすくなります。
 慢性的な肝機能障害を引き起こす恐れもでてきます。

Atacched File  肥満、高脂血症でコレステロール値の高い人に多く、胆汁の成分が固まって石になります。

Atacched File  脂肪細胞が気道を圧迫したり狭くしたりして起こります。

資料:「太りすぎは生活習慣チェックで治る」大野誠著

PAGEUP